ツルタ楽器|安城・岡崎・刈谷・高浜・知立の3歳専用の習い事[音楽教室]ヤマハ音楽教室

 メニュー

よくあるご質問

入会方法について

ご入会方法

入会申し込みは、インターネットの入会予約フォーム、または電話で受け付けております。


入会予約フォームの場合は、仮予約となります。


後日、教室スタッフから確認をさせていただき、店頭で正式入会の案内・手続きをさせていただきます。


※無料体験レッスン・レッスン見学にお越しの際にも手続き可能です。


レッスン全般について

レッスンではなぜエレクトーンを使うのですか?

小さなお子さまのレッスンに最適な楽器だからです。 誰でも簡単に音が出せ、音の場所を目と耳で確認でき、すぐに音を覚えられるのが鍵盤楽器です。中でもエレクトーンはやわらかいタッチで鍵盤を押すことができるので、小さなお子さまには最適です。グループで取り組むアンサンブルにおいても、エレクトーンの多彩な音色で音楽の会話を楽しむことができます。


ヤマハ音楽教室と近所にある個人ピアノ教室との違いは?

ヤマハは演奏力だけでなく、総合的な音楽力を育みます。

一般的な個人のピアノ教室は楽譜を読んで弾くことに重点をおいています。いっぽうヤマハ音楽教室は、年齢に合わせて「弾く」「聴く」「歌う」「読む」「つくる」の5つの要素を組み込んだ総合音楽教育をしています。耳の発達が著しい4・5歳児は幼児科で「きく(聴く)こと」に重点を置きながら音楽力の基礎を学び、指先の発達が著しくなる6・7歳の児童期各コースは、演奏力やアレンジ力を養います。


幼児科に入会したいのですが、対象年齢以外は入会できませんか?

対象年齢児のみの入会になります。


ヤマハ音楽教室では各コースの入会対象を、ヤマハの適期教育の考え方から、学齢で分けています。


幼児科は該当年度の4/2~翌々年の4/1までの4・5歳児(幼稚園で言えば、年中・年長児)のみが対象です。


小さいお子さまの成長には個人差が大きいこともありますが、将来的な事も考慮し対象年齢以外の入会はご遠慮をお願いしています。


クラス構成・講師について

担当するのは、どんな先生ですか?

レッスンは、所定のヤマハ認定研修を修了しました講師が担当致します。さらに ツルタ楽器では、指導力のあるハイレベルな講師を育成するために、ヤマハの研修にプラスして、年間16回の独自の講師研修などを実施しております。


音楽性豊かな講師による充実したレッスンで、生徒の皆さまからもレベルが高いと評価をいただいております。


引っ越し・休学・補講について

転勤などで引っ越しをした場合、転勤先でレッスンを続けることはできますか?

ご転勤等でお引越しされる場合、新しいお住まいの近くのヤマハ音楽教室をご紹介させて頂きます。


ヤマハ音楽教室のカリキュラムは全国共通ですので、お引越し後も 新しい教室で安心してレッスンをお続けいただくことができます。


補講はありますか?

補講はありません。


 


休んでもついて行ける様な教材や配慮があります。


発表会について

発表会はありますか?

発表会は幼児科2年目よりご参加いただけます。


→幼児科についてはこちらをご覧ください


その他

親が音楽に強くないのでついていけるか心配なのです…

レッスンは担当の先生が責任をもって指導をいたしますので、全く問題はございません。


レッスン中はお子さまと一緒に音楽を楽しんで頂くだけで結構です。


保護者の方が音楽を楽しむ姿は、お子さまの安心感を生み、音楽は楽しいという意識を育てます。


どうぞご安心してレッスンにお越しください。


保護者がレッスンに同伴するのは、どのコースまで?

4、5歳児を対象とした「幼児科」までです。


1~3歳児対象「ドレミらんど」


3歳児対象「おんがくなかよしコース」


4、5歳児対象「幼児科」までが保護者同伴をお願いしています。


大好きなお母さまやお父さまがそばにいることで、お子さまに安心感を与え、やる気を支えます。


ご自宅に帰っても、その日のレッスンを思い出しながら会話をしたり、練習を見守ることがお子さまの成長にもつながります。


鍵盤楽器はいつごろ購入したらよいですか?

幼児科に進級または入会したら購入をおすすめします。

幼児科は「きいたものをうたい、うたったものをひく」というレッスンになるので、幼児科に進級または入会したら、鍵盤楽器のご用意をおすすめしています。音色や音程、音域、弾く時の姿勢などを考慮すると、小さなポータブルキーボードよりも、ピアノやエレクトーンなどのしっかりした楽器をご購入いただければと思います。